ウォーターコンディショナーは必要?



多くの人が使用すると思われる水道水、その中に含まれる塩素を取り除く中和剤もこの類に入ります。
最近では一般家庭に多く普及していると思われる浄水器も、まずはこの塩素の除去を主目的としています。
アルカリ云々ミネラル云々を掲げている浄水器でなければ大抵はそのままアクアリウムに利用できます。

塩素が何に対してどの程度の害を及ぼすかについては別のコーナーでのお話としますが、
水槽に入れても百害あって一利なしの塩素を取り除く為に、先にあげたような浄水器が無い場合は、
その処理に塩素中和剤という名のコンディショナーを使用する事になるでしょう。

使用効果が確認でき、場合によっては使うべきといえるコンディショナーは塩素中和剤までです。


「魚に適した水を作る」「魚の粘膜を保護する」「水道水の中の有害なものを取り除く」
等のような漠然とした効果を掲げた使用目的や効果の定かではない、
飼育者の心に響くだけのウォーターコンディショナーについては基本的に不要です。

「魚に適した水を作る」のは飼育者の仕事であって根拠の定かではない魔法の液体に頼るものではありませんし、
「魚の粘膜を保護する」必要を感じるような大掛かりな換水や掃除をしないように心掛けるのが飼育の基本ですし、
「水道水の中の有害なものを取り除く」必要のあるような水道水ではそもそも人間が飲めません。

良い水を作るのも維持するのも、飼育者の仕事なのです。



戻る