●ホームページはトイレの落書き!?

「所詮ホームページなんてトイレの落書きと一緒さ」ある人がいいました。
トイレの落書きというと下品なものやバカバカしいものが連想される事でしょう。なぜホームページをそのようなものと一緒にするのか、そう考える人も少なくないでしょう。

トイレの落書きから得た情報をそのまま人に語る人はいないでしょう。(笑い話のネタとして使う場合は別でしょうが・・・)
落書きの内容をそのまま信じて行動を起こす人は極めて少ないと思います。それは情報発信者が判らないから真偽の確認ができないからです。そもそも身元を明かして落書きを残す人などいる訳はありませんからね。

世に熱帯魚のホームページは沢山ありますが、身元を明かさずにあーだこーだと好き勝手書いてるページの多い事、あれってトイレの落書きとどこが違うのでしょうか?
人のふんどしで相撲をとるお調子者達や専門家気取りのお節介屋達が繰り広げる
・根拠のあいまいな自慢話の延長線上の無意味な成功談。
・視野が狭いとしか思えないひとりよがりの貧弱な発明。
・説得力の乏しい妄想や誹謗中傷。
これは「Q&Aコーナー」「診断コーナー」「掲示板」等をページの売りにしているようなホームページによくみられます。
熱帯魚飼育や水草育成に関してどの程度の事が出来ているか判らない身元の定かではない人の発言や助言を真に受けるのは滑稽の極みです。一方的な垂れ流し情報を発信しているホームページは所詮トイレの落書きなのですから、情報の真偽を見極めずに何でも真に受けてしまっては進歩がありません

どんな情報でもホームページで活字にされるとそれだけで説得力がありそうに錯覚してしまうものです。とどめに写真でも使われたら、その道の素人さんはそれこそイチコロです。賢明な人ならば遊びと割り切って笑って読み飛ばせる無責任ページの無駄話でも「初心者」「初心者の自覚の無い自称中級者」「トラブルに直面している切羽詰った人」これらのような人達は真に受けて深みにはまってしまう事が多いようです。
先にあげたような無責任ページを開設している人の多くは、何も悪意があって無責任情報を垂れ流している訳ではないはずです。折角の善意が人の不幸を招いては悲しいものですからホームページで情報発信する際にはしっかりとした責任の自覚が必要です。

責任が持てないから身元を明かさないというような人間の開設しているホームページの無責任情報に踊らされて失敗する人を少しでも減らせれば・・・これが当ホームページのそもそもの開設理由でもあります。

念のため申し上げておきますが、全てのページをトイレの落書き呼ばわりするつもりはありません。
身元を明かして正々堂々と展開するサイトや企業や団体の提供する商品仕様を紹介するカタログ的なサイトをそんなものと一緒にしたら失礼ですから。

「このホームページはどうなんだ!」という声が聞こえそうなので申し上げておきます。
いい加減な情報の氾濫するインターネット上で、読み手のレベルを無視した無責任発言などはできませんから、熱帯魚や水草について考えるきっかけを提供するだけの内容に止めてあります。
直接コンタクトを取っての双方向のやりとりなくしては、このページも例に漏れずトイレの落書きに過ぎませんので、それが面倒とお考えの人はこちらからお帰りください。
所詮ホームページなんてトイレの落書きと一緒、結局は読み手の自覚が重要な訳です。


ご意見 お問い合わせは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》