●底床用砂利(塩酸処理済み大磯)

「暗色である事」
「水質に干渉しない事」(水質を変化させない事)
「不変である事」(消耗品では無い事)
これが当店が提唱する底床の基本です。

当店が自信をもっておすすめする底床用砂利はこれ1種類だけです。


塩酸処理

1. まずビニール袋を開封して、


2. フルイにかけて汚れと細かい砂を落とします。


3. フルイにかけた砂利に塩酸をかけて、


4. よ〜く混ぜると、


5. アワがボコボコ出てきます。


6. 一定期間よく寝かせてから再度フルイにかけて、


7. 袋に詰めたらできあがりです。


(注意)
ここで紹介した手順は、当店で行なっている塩酸処理の概要に過ぎません。
ご自分で酸処理をしようとお考えの場合は●底床用砂利/Q&A をよくご覧になり、全てのリスクについては自己責任で行なってください。


■大磯と呼ばれる砂利の比較

乾燥した状態↑↑↑  /  湿った状態↓↓↓

どちらの写真も左の2点は「粗悪大磯」右上は「塩酸処理済みS粒」右下は「塩酸処理済みM粒」です。
左側の粗悪大磯に目立つ白いものは貝殻やサンゴ片で、これらがpH上昇の原因となります。




■販売価格

一般熱帯魚飼育や水草育成に最適な「M粒」
ドワーフシクリッド飼育やコリドラス飼育に最適な「S粒」

どちらも1袋2kg入り1,200円です。

3.4.5.6.の行程を省いたフルイ洗浄のみの商品もありますので特にご希望の場合はおたずねください。
使用上の注意、送料、その他の詳細につきましてはお気軽にメールにておたずねください。



●底床用砂利/Q&A もご覧ください。



お問い合わせは
info@colors-ap.com

ご注文は
order@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》