●水質測定キット
水質測定というと、かなりハイレベルなマニア(?)の領域と思われがちですが、実際は初心者が飼育初期にするべき事柄です。バクテリアの働きを正しく理解する為には飼育初期の水質測定が不可欠です。
pHアンモニア亜硝酸硝酸GHKH残留塩素その他



■pH (ページトップへ)
最近ではpHだけを重要視して、それだけは測定しているという人も多いようですが、飼育水のpHが変化する理由を正しく理解した上での測定でなければ何の意味もありません。

約100
回分/1,100円

・pH測定は飼育下でのpH変化の理由を把握する事が重要です。
・正しい理解の伴わないpH測定は無意味です。
・測定意義を理解するには■オリジナルセット■水質測定を参照してください。
・さらに正確な測定を要する場合や3本以上の水槽をお持ちの場合は「pHメーター」をおすすめします。


 ↑↑↑ 旧パッケージ
の商品に比べて50%増量でお買い得になりました。



■アンモニア
(ページトップへ)
1本目の水槽の設置直後に行う連続測定(亜硝酸も同時に)によって目にみえないはずのバクテリアがイメージできるようになります。これによって得られる飼育の基本の習得をおろそかにすると業界に氾濫する「無意味な商品」や「無知なショップ」にカモられます。

約60回分/1,800円

・水槽設置直後やエサを与えた直後以外でこれが検出される場合は飼育環境の再検討が必要です。
・フィルターでのバクテリアの飼育が正しくできていれば常に0が当たり前です。
・当店では定期的な安全チェックの為ではなくバクテリアについてを学ぶ教材しての購入をすすめています。
・測定意義を理解するには■オリジナルセット■水質測定を参照してください。
・連続測定には、試薬の消費量を大幅に節約できる魔法のアイテム「水質測定トレー」をおすすめします。


 ↑↑↑ 旧パッケージ
の商品に比べて50%増量でお買い得になりました。



■亜硝酸 (ページトップへ)
1本目の水槽の設置直後に行う連続測定(アンモニアも同時に)によって目にみえないはずのバクテリアがイメージできるようになります。これによって得られる飼育の基本の習得をおろそかにすると業界に氾濫する「無意味な商品」や「無知なショップ」にカモられます。

約75回分/1,500円

・水槽設置直後やエサを与えた直後以外でこれが検出される場合は飼育環境の再検討が必要です。
・フィルターでのバクテリアの飼育が正しくできていれば常に0が当たり前です。
・当店では定期的な安全チェックの為ではなくバクテリアについてを学ぶ教材しての購入をすすめています。
・測定意義を理解するには■オリジナルセット■水質測定を参照してください。
・連続測定には、試薬の消費量を大幅に節約できる魔法のアイテム「水質測定トレー」をおすすめします。



 ↑↑↑ 旧パッケージ
の商品に比べて50%増量でお買い得になりました。
更に低濃度の検出に強く改良されています。



■硝酸 (ページトップへ)
全く無害といってしまうと語弊がありますが根拠のあいまいな危険値や許容値が一人歩きしている感があり、この数値を減少させる事だけに情熱をかけ過ぎて基本的な部分で失敗している人も多々見受けられます。
「MSDS」をもとにした危険値や許容値を語る専門家気取りさん達にはケースバイケースという言葉を理解してもらいたいものです。

約60回分/2,050円

・亜硝酸濃度が0の状態でないと正確な測定はできません。
・硝酸除去にとらわれ過ぎないようご注意ください。

・測定意義を理解するには■オリジナルセット■水質測定を参照してください。


 ↑↑↑ 旧パッケージ
の商品に比べて50%増量でお買い得になりました。



■総硬度(GH) (ページトップへ)
根拠のあいまいな総硬度の限界値を語る専門家?が多いようですが、それに惑わされずに何が数値の変化をもたらすかを正しく理解する事が先決です。

15cc/1,200円

・飼育に使用する原水の測定と飼育下でのGH変化の理由を把握する事が重要です。
・飼育水に極端な上昇が見られる場合は飼育環境の再検討が必要です。
・測定意義を理解するには■オリジナルセット■水質測定を参照してください。


 ↑↑↑ 旧パッケージ

の商品に比べて50%増量でお買い得になりました。
旧パッケージ商品には不良ロットが多く正しい測定ができません。
ご心配のある人は購入日を明記の上お問い合わせください。




■炭酸塩硬度(KH) (ページトップへ)
巷ではこの数値だけが一人歩きしている感があります。根拠のあいまいな炭酸塩硬度の理想値を語る専門家?が多いようですが、それに惑わされずに数値が何を表すかを理解する事が先決です。

15cc/1,200円

・巷に出まわっている「pH、CO2との相関表」を信じると何も見えなくなりますのでご注意ください。
・測定意義を理解するには■オリジナルセット■水質測定を参照してください。


 ↑↑↑ 旧パッケージ

の商品に比べて50%増量でお買い得になりました。



■残留塩素
(ページトップへ)
残留塩素は魚よりも水質維持の要であるバクテリアにダメージを与えます。残留塩素の除去は水槽飼育の世界では常識的な事ですが、除去する為の中和剤や浄水器の能力を実際に確認している人は意外と少ないようです。


約60回分/350円
(この商品は販売終了しました。現在代替品を準備中です。)



■その他のテストキット (ページトップへ)
二酸化炭素(CO2)/1,500円
鉄/1,100円
銅/1,100円
カルシウム/1,500円
燐酸/1,500円


これらの測定を考える人は「魚も水草も完璧で何の問題も無く、もう何もする事がないから」か「なぜ失敗するのか訳が解らない、これを測った事がないからかな?」のどちらかではないでしょうか。
前者の場合は業界の景気回復の為にもぜひお買い上げください。後者の場合は基本からの洗い直しをおすすめします。





お問い合わせは
info@colors-ap.com

ご注文は
order@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》