●水槽台

60cmや90cmの標準的な水槽を1〜2本設置するだけならば市販の水槽台でも充分でしょうが、繁殖を目的とするドワーフシクリッドの飼育等で小型水槽を並べて設置する場合にはオーダーメイドでスッキリと決めたいものです。一まとめにすると観察やメンテナンスのし易さが全然違います。
最下段が低過ぎて観察やメンテがし難いという市販の複数段の水槽台によくみられる致命的な欠点は当然ありませんし
、使用水槽やシステムに合わせてベストな高さで設計しますので無駄に背が高すぎて辛いという事もありません。
小型水槽を複数並べて使用する繁殖用システム構築の為としてはもちろんの事、通常のレイアウト水槽を並べて設置する場合にもおすすめします。





600×450×300H水槽3段台 (神奈川県川崎市 F氏宅) (ページトップへ)
450×180×300H水槽2本と450×240×300H水槽1本の3本セットを中下段に設置、上段はエアーポンプや小物の置き場所として、最下段下のデッドスペースはメンテナンス用品の収納庫として使用しています。

システム概算>





720×450×300H水槽4段台 (神奈川県川崎市S氏宅) (ページトップへ)
450×180×300H水槽4本を上段と中段に計8本設置しドワーフシクリッド繁殖用水槽として使用し、下段には450×240×300H水槽3本を設置し育成用として使用しています。
最上段はエアーポンプの置き場所として、最下段下のデッドスペースはメンテナンス用品の収納庫として活用しています。
高さを極力低く抑える為の特殊設計を採用しています。

システム概算>





900×450×300H水槽4段台 (東京都大田区 S氏宅) (ページトップへ)
450×180×300H水槽5本を各段に合計15本設置。
最上段に水槽設置すれば計20本まで稼動できますが、現在のところはエアーポンプや小物の置き場所として使用しています。
最下段下のデッドスペースはメンテナンス用品の収納スペースとして使用できます。
高さを極力低く抑える為の特殊設計を採用しています。

システム概算>





310×310×352H水槽1段台 (神奈川県川崎市 F氏宅) (ページトップへ)
310×310×350H水槽を上段に設置し、下段は外部式フィルターやエアーポンプの収納スペースとして使用しています。
小型水槽の特性として壁と家具の比較的狭いスペースでも設置可能です。

システム概算>






・基本的に全てオーダーメイドです。(納期は約1ヶ月とお考えください)

・商品の性質上ご注文の際に内金
を申し受けますのでご了承ください。
(原則として製作開始後の取り消しはできません、内金をキャンセル料に当てさせていただきます。)

・詳細につきましてはお気軽におたずねください。



お問い合わせは
info@colors-ap.com

ご注文は
order@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》