●小鳥 小動物


《小鳥/手乗り》
・セキセイインコ
・小桜インコ
・ボタンインコ
・オカメインコ
・文鳥
・十姉妹
・その他


《小鳥/成鳥》
・セキセイインコ
・小桜インコ
・ボタンインコ
・オカメインコ
・文鳥
・十姉妹
・錦華鳥
・カナリヤ
・その他

《小動物》
・スナネズミ(ジャービル)



《小鳥/手乗り》 (ページトップへ)
孵化後2〜3週間の雛鳥を親に代わって人間が育てる事によって「手乗り」にできます。
本来なら親が育てている訳ですから、しっかりとした保温と栄養のバランスの取れた給餌が不可欠です。
粟玉+オリジナルフード(BBF)で栄養面はしっかりサポート、保温器具のレンタルもいたしますので初めてでも安心です。
エサの与え方や育て方のポイントについては販売時に説明いたしますが、飼い始めるに当たっての心構えなどにつきましてはお気軽におたずねください。

丈夫で安心な国産を厳選入荷が基本ですが、その品質は季節によって大きく異なりますので、10月〜4月の間のみの取り扱いとなります。
生き物ですから個体差も入荷時の大きなポイントとなります。
色彩的に「美しい」や「面白い」は勿論大事ですが、それ以上に「物怖じしない」「がっしりしている」が重要です。
親鳥のように一日中付きっ切りで世話ができるとは限りませんので、一日3回以内の給餌でしっかりと育てる事ができる、一度に沢山のエサをしっかり食べる旺盛な食欲を持った強健な雛鳥だけを自信を持って販売する為の厳選入荷なのです。

ご注文はシーズン中なら常時承りますが、品質重視の為お急ぎのご要望にはお応えできないかもしれません。
種類やタイプの細かい指定は承りますが、雛ですので雌雄についてはお約束できませんので予めご了承ください。
給餌回数が少なくなるまで、または完全に自分で餌が食べられるようになるまで、ご希望に応じて当方で育ててからお引き渡しする事も可能です。
自分で餌を食べ保温器具が不要になるまで育て上げてのお引き渡しの場合、「セキセイインコ・文鳥・十姉妹」は1,000円、「オカメインコ・ボタンインコ・コザクラインコ」は2,000円を別途申し受けます。
価格は基本的に時価ですから若干の変動がありますのでご了承ください。



■セキセイインコ
(ページトップへ)
文鳥と並んで手乗りとしては最も馴染みのある小鳥がこれでしょう。
ケンソン、スパングル、オパーリン、パイド、etc.品種というよりもカラーバリエーションといった方が相応しい様々な色彩も魅力の一つです。
2,000円より



↑↑↑
オパーリン “ブルー” 2,000円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
オパーリン “バイオレット” 2,000円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
スパングル “イエロー” 2,000円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
スパングル “ブルー” 2,000円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
ケンソンレインボー 2,000円
(2006年11月 現在)



■小桜インコ
(ページトップへ)
セキセイインコと比べるとややずんぐりとした体型をした小型インコです。
基本種である小桜インコをはじめとしてブルーチェリー、レインボーチェリー、クリームチェリー、ゴールデンチェリー、etc.様々なカラーバリエーションがあります。
小さいながらも嘴の力は中々のものですから、しっかりとならさないと痛い思いをするかもしれません。
5,500円より



↑↑↑
小桜インコ 5,500円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
クリームチェリー 7,000円
(2006年11月 現在)



■ボタンインコ
(ページトップへ)
セキセイインコと比べるとややずんぐりとした体型をした小型インコです。
小桜インコに似ていますが、こちらの方がややシャイな性格をしているようです。
基本種であるボタンインコをはじめとしてブルーボタン、山吹ボタン、黄襟ボタン、ゴールデンボタン、etc.様々なカラーバリエーションがあります。
小さいながらも嘴の力は中々のものですから、しっかりとならさないと痛い思いをするかもしれません。
5,500円より



↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)



■オカメインコ
(ページトップへ)
セキセイインコに比べるとかなり大柄ですが、オウム程に大げさな設備は必要ありません。
体格の割りに性格はおっとりとしていますので、小さなお子さんが取り扱うのも安心です。
15,000円より


↑↑↑
白オカメインコ 18,000円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
オカメインコ “パール” 18,000円
(2006年11月 現在)



↑↑↑
オカメインコ “パイド” 18,000円
(2006年11月 現在)



■文鳥
(ページトップへ)
「手乗り」といえば、やっぱり文鳥が一番最初に思い浮かぶのではないでしょうか。
桜と白はお馴染みですが、シナモンやシルバー なども魅力的です。
2,500円より


↑↑↑
桜文鳥 2,500円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
白文鳥 3,500円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
シナモン文鳥 5,500円
(2006年11月 現在)


↑↑↑
シルバー文鳥 -,---円
(2006年11月 現在)



■十姉妹
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)



■その他
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)





《小鳥/成鳥》
ペアー飼育で繁殖を目指し、その子供を手乗りとして育てる、以前なら普通に見られたスタイルですが、最近ではめっきり減りました。
インコ、文鳥、十姉妹、錦華鳥、これら小型一般種は若親の在庫がありますので、ペアーの販売は勿論の事、お嫁さんお婿さん探しならお預かりしてのペアリングから承ります。
鳴きを楽しむカナリヤもシーズン中は予約にて承ります。


■セキセイインコ
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)



■小桜インコ
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)



■ボタンインコ
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)



■オカメインコ
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)




■文鳥
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)



■十姉妹
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)




■錦華鳥
(ページトップへ)

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)




■カナリヤ
(ページトップへ)


↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)




■その他
(ページトップへ)


↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)






《小動物》


■スナネズミ(ジャービル)
(ページトップへ)
店先を通り掛る子供達は「ハムスターだ」と大騒ぎですが、長い尻尾とカンガルーのように立ち上がる仕草が特徴のスナネズミです。
砂漠生まれのこのネズミは水分の吸収・排泄のメカニズムが特殊らしく、他の小型げっ歯類と比べても飼育時の臭いが極めて少なく室内飼育し易いのが魅力です。

↑↑↑
○○○○○ -,---円
(2006年11月 現在)






お問い合わせは
info@colors-ap.com

ご注文は
order@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》