●逆浸透膜 (R.O.)

水の総硬度(GH)を降下させる為に用いられる軟水器の方式の一つがこのR.O.です。これはもう一方の軟水化方式であるイオン交換とは全く異なり、微細な穴を持つ膜によって物理的水中の不純物を濾し取るものです。イオン交換式に比べて初期投資は高額になりますが、交換や再生の手間を考えると結果的にコストパフォーマンスが優れているのはこちらでしょう。
この使用によって理論的には純水に近い水が作れる訳ですからpHを容易に降下させられるようになります。ただし純水に近づけば近づく程、水に何かが溶けた場合(生物の活動によって生成される物質によって)の
pHの変動は激しくなりますので注意が必要です。

導入の必要性については軟水器GHをまずは
ご覧ください。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》