●大掃除

「熱帯魚の飼育って水槽大掃除が面倒そうで・・・」これは飼育を体験した事のない人の多くが感じる不安でしょう。
水槽飼育とは「水槽内の水、フィルター内の濾過材、底床」の各部位が魚や水草やバクテリアの生息域となる総合的なバランスの上に成立するもので、そのバランスを維持する為に各部位の負担を軽減する適切なメンテナンスを行ないます。
水槽大掃除は適切なメンテナンスが行なわれなかった事による、特定部位の崩壊がその原因でしょうが、通常は大掃除無しでも修正可能なはずです。大掃除は必須という昔から語り継がれている間違った情報によって、本来ならしなくても良い大掃除によってかえって環境を悪くしている場合も少なくありません。
底床にソイルを使用した場合に水槽大掃除が避けられないのは当然の事ですが(所詮は泥ですから強制循環システムで使用できる訳は無いのです)それ以外の場合は工夫次第で回避できるはずです。
水槽大掃除はしない事、これは良好な水槽環境を長期維持する為には絶対に必要な考え方です。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》