●亜硝酸

水槽内の生物の活動によって最初に生成される有害な物質であるアンモニアが第1段階のバクテリアの働きによって分解されてできるのがこれです。この亜硝酸はフィルター内で飼育するバクテリアの働きによって容易に硝酸に分解されますので、上手な飼育ができている水槽環境では0(検出されない)が当たり前です。
水槽設置直後やエサを与えた直後以外でこの亜硝酸が検出される場合は飼育環境の再検討が必要です。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》