●軟水器

水を総硬度を降下させる為に必要なのが軟水器です。イオン交換樹脂を使用する「イオン交換型」と逆浸透膜を使用する「R.O.型」の2通りがあります。それぞれの特性を理解して選ばなければいけませんが、それ以前に本当に導入する必要があるかを考えるのが先決です。
具体的な数値でいえば飼育に使用する原水のGHが10以下であれば、殆どの淡水魚の飼育繁殖の場合、軟水器を使用しなくても工夫次第で十分にクリアーできるでしょう。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》