●水作り

これは当HPの「飼育のヒントコーナー」最重要項目で、アクアリウムのツボにあたります。
飼育初期つまり初め1本目の水槽で正しい水質測定を通して水作りの体験ができるかどうかで全てが決まるといっても過言ではありません。

pH調整法の確立
飼育に使用する原水(通常は水道水でしょう)の性質を把握して、pHを調整維持する方法を理解する。これには正しい水質測定ができる確かな測定器か試薬、水質に干渉しない濾過材や底床の使用が大前提となります。

正しいフィルターの使い方を理解する
フィルターは単なるゴミ取りではありません。水槽環境を良好に保つ為に目に見えない小さなバクテリアを飼育する為の家であるという認識が必要です。どの部分を家にするか、その家に住むバクテリア達を洗浄という大災害からどのように守るか、正しく理解してフィルターをセットし使用しなければいけません。

バクテリアを殖やす-1 (存在を確認する方法)

バクテリアは目には見えませんので正しい認識が無ければ殖えたかどうかは判りません、目には見えないバクテリアですが飼育初期の水質測定によって活動している様子が実感できます。
アンモニアと亜硝酸を測定するのがその方法ですが、でき上がった良好な水槽を測定して「0」であるという当たり前の事を確認するだけでは後々の応用が利きません。
水槽設置後の一定期間「水槽に何も入れずに空回しする」「一定期間水草のみにする」・・・このような昔から語り継がれている間違った情報に踊らされて貴重な時間を無駄にしている人も少なくないようです。魚のいない環境つまりはエサの無い環境にバクテリアは増殖しませんし、人間が将来魚を入れる=エサが増える事を予測して水槽内に進入し待機する程の知性は残念ながらバクテリアは持ち合わせていないのです。
水槽設置後は水を汚さないように少しずつ増やす・・・これも昔から語り継がれている方法の一つですが、貴重な経験を積むチャンスをみすみす逃しているだけとしかいえません。

バクテリアを殖やす-2 (活動を確認する方法)
セット直後の何も無い状態の水槽に生体を投入して毎日水質測定する事によって、水質の悪化とそれが快方に向かうプロセスを数値の変化から読み取る事ができます。
例として飼育直後の水質変化を表す情報に「まずアンモニアの増加 >> アンモニア減少 >> 亜硝酸増加 >> 亜硝酸減少」というのがあります。これによって「アンモニアが検出されなくなってから亜硝酸が増えるので亜硝酸の測定のみで水質測定は充分」という間違った情報を公開する人間が増えていますのでご注意ください。
アンモニアを分解する速度より、亜硝酸を分解する速度の方が速い為、2つのバクテリアが同時にシステム内に発生した場合、亜硝酸は検出されずアンモニアだけが残ってしまうといケースも決して珍しい事ではありません
。バクテリア増加のプロセスは型にはめたように必ず一定とは限らないものなのです。
とにかく飼育初期の水質測定(アンモニア、亜硝酸)からしか得られない貴重な情報ですから最初の1本の場合には是非行なってみてください。時間がかかるのは最初の1本だけなのですから・・・
また水作りの為の水質測定中に「発病 >> 治療」ではデータ収集どころではありませんから、水作りの為に導入する魚は、水作り完了までの水質変化に耐えうる強健な種類で、トリートメント済みの良好な状態である事が最低条件です。

バクテリアを殖やす-3 (バクテリアを移植する)
前項までに紹介した方法でバクテリアの役割と活動が理解できている人ならば、新規に水槽を立ち上げる時にバクテリアを移植する事によって1本目の時より格段に早い速度で水槽を立ち上げる事ができるでしょう。バクテリアの家となっている濾過材や底床を分けるのがバクテリア移植の最善の方法ですが、その為にもどの部分に定着しているかを確認できなければ意味がありません。
販売されているバクテリアを投入という方法を思い浮かべる人もいるでしょうが、それが有効に作用するバクテリアか、本当に生きているのか、それさえ定かではない商品が多過ぎます。そもそも投入(侵入?)する事よりも定着して増殖する事が重要なので粉末や液体の状態では大した効果が期待できないのは当然の事です。そのようなものを購入して投入するくらいなら、良好な状態の水槽の底床付近の沈殿物を入れた方が数段マシでしょう。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》