●産地 / ロカリティ

同一種の産地による変異を示す為にこのロカリティが用いられます。通常の熱帯魚飼育を楽しむ上ではあまり関係無い事柄ですが、ドワーフシクリッドやベタ等の繁殖や系統維持を前提とした飼育を楽しむ時には非常に重要です。
ただ最近では商業主義に走り過ぎるあまり、信憑性の定かではないロカリティの乱用が目立ちます。同一産地のものでも個体差による色彩変異の巾が広い種類は多く見られ、その代表としてアピストでいえばアガシジィやビタエニアータ、メンデジィがあげられます。
中でもメンデジィについて熱帯魚採集を生業としている某氏とそれに利用された哀れなショップ及び某専門誌の煽り記事によってこのロカリティの乱用への警鐘ともいえる事件が起きましたが、どちらも未だ懲りずにいるようです。
個体差とロカリティによる差の違いを見極める冷静な目が無くては正しい系統維持はできませんし、何よりカモられるのがオチです。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》