●藍藻 (ランソウ)

コケの仲間の中でも最も忌み嫌われるのがこの藍藻でしょう。水草やガラス面にぴったりと張り付くけれどペロリと簡単に剥れる薬品のような鼻につく臭いが特徴で、通常は濃い緑色ですが茶色や黒の場合もあります。コケの中でも藍藻は特にリン酸が好物なので、藍藻が増殖し始めた水槽にリン酸が主成分のpH降下剤の使用が禁物なのは勿論の事、リン酸を多く含む飼料や肥料の使用にも普段から注意が必要です。
藻類の中でも極めて菌類に近い(自力で移動が可能な事からもわかると思いますが)この藍藻にはある種の薬剤が効果があり、要領をつかめば特定の水草の育成の場において使用する事もできます。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》