●肥料

魚の飼育だけならば必要ない事ですが、水草育成を考えると無視できないのがこの肥料です。しかし水草が成長吸収できる環境あっての肥料ですから、水草育成ができる水質管理をおろそかにしての規定通りの添加や他人の真似をした添加は様々なトラブルの原因にもなりますのでご注意ください。
現在では多種多様なものが販売されていますが、育成している水草に何が不足しているかを把握しその必要量を過不足無く添加する事が重要です。その為には成分表記のいいかげんな水草専用は使い難いと思います。園芸用をすすめる人が増えたのもこの辺の事情からでしょうから製造メーカーは真摯に受け止め改善する必要があるでしょう。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》