●ラスボラ

東南アジアの小型コイ科魚を代表する属名として広く知れ渡っていましたが、その中でも特に有名なヘ「テロモルファ、ヘンゲリィ、エスペイ」等がトリゴノスティグマ属として新たに分類されたのをはじめとして、小型の「マキュラートゥス、ウロフタルモイデス、ブリギッタエ」等がボララス属、やや動きの活発な「アクセルロディ」がスンダダニオ属へと改編されて特に人気の高かった小型種の殆どがラスボラではなくなってしまいました。しかし長年使われてきた名前なので通称としてそのまま使用されている事も多いようです。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》