●嫌気性バクテリア

脱窒とはフィルター内で飼育する好気性バクテリアの働きによって作られた硝酸を、窒素ガスに分解する働きを持つのが嫌気性バクテリアです。その嫌気性バクテリアの活動を期待するには嫌気層(常に無酸素状態の濾過床)が必要ですが通常の水槽での実現は難しいようです。
嫌気性バクテリアの働きが期待できると称した濾過槽を長くしたただけの幼稚な構造のフィルターが発表されているようですが、効果については試すまでもありません。業界人全てが笑われかねない低俗な商品開発はそろそろやめていただきたいものです。
そもそも嫌気性バクテリアの働きによる脱窒が水槽飼育の究極であるような考え方はピントはずれも甚だしいものです。


ご意見 お問い合わせ リクエストは
info@colors-ap.com

までお願いします



初めてメールされる場合のご注意
(自動的に新規ウインドウで開きます)



《戻る》